毎日19時退勤の実現:学校における働き方改革事例

3年間にわたり教員の意識向上、業務のスピードアップを働きかけ、勤務時間の削減などに取り組みました。時間の把握は業務改善の基礎であり、グループウェアの活用、ミドルリーダーの活躍が効果的であることがわかる事例です。

登壇者 富山大学人間発達科学部附属特別支援学校 近江ひと美

ピックアップ