中堅教員研修 4日目

本日は、「アクティブ・ラーニング推進」と題し、文部科学省の田村視学官の講義の後、当センターの次世代型教育推進センターによる講義・演習を行いました。受講者に感想を伺いました。 「脳が揺れました。ホワイトボードが目の前に置かれると、生徒のような気持ちになってわくわくした気持ちで意欲的に演習に臨めました。」 「アクティブ・ラーニング型の授業について、ただ長く時間をかけてやればいいということではなく、リミットを決めててきぱきと段取りよく行うことが重要なんだと気づきました。」 また、受講生の皆さんの学校の特色のある取組についても伺いました。 「本校では、ICTを使った数学の授業を展開しています。問題を生徒たちに出し、それぞれが考えた解法をノートに書きます。そのノートをOHP等で映し出しながら、他の生徒たちの前で説明をさせています。」 「私の学校では、英語の教育に力を入れています。合宿やディベートを行ったりスピーチコンテストに参加したりするなど、自発的に英語を使う機会を設けています。」 「学校で所有している天体望遠鏡をつかって観測会を開催しています。地域のみなさんにも声をかけて、地域のみなさんと生徒たちとの交流の場にもなっています。」 本日5日目、8時30分より実践研究でスタートしています。

ピックアップ