教員免許

免許状更新講習

教員免許更新制は、その時々で求められる教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊敬と信頼を得ることを目指すものです。

平成30年度から、教育職員免許法に基づき、文部科学大臣が行う更新講習の認定に関する事務を当機構が行うこととなりました。

免許法認定講習・公開講座・通信教育

免許法認定講習・公開講座・通信教育(以下「免許法認定講習等」とします。)とは、一定の教員免許状を有する現職教員の方が、上位の免許状や他の種類の免許状を取得しようとする場合に、大学の教職課程によらずに必要な単位を修得するために開設されている講習・公開講座です。

平成30年度から、教育職員免許法に基づき、文部科学大臣が行う免許法認定講習等の認定に関する事務を当機構が行うこととなりました。

教員資格認定試験

教員資格認定試験は、広く一般社会に人材を求め、教員の確保を図るため、大学等における通常の教員養成のコースを歩んできたか否かを問わず、教員として必要な資質、能力を有すると認められた者に教員への道を開くために文部科学省が開催している試験です。

平成30年度から、教育職員免許法に基づき、文部科学大臣が行う教員資格認定試験の実施に関する事務を当機構が行うこととなりました。

重要なお知らせ

第2次試験を免除した全員を対象として、第2次試験に代わる別の方法で「教科及び教職に関する専門性」等を評価することをお知らせしていましたが、文部科学省においてその内容が決定されましたのでお知らせします。

本件については、第2次試験を受験予定であった方全員に対し、郵送により通知します。「レポート課題の解答用紙」及び「希望調査票」を令和元年11月5日(火曜日)(当日消印有効)までに、所定の返送用封筒にて返送いただきますようお願いします。

なお、この措置の内容に関するご質問は、文部科学省総合教育政策局教育人材政策課にご連絡いただきますようお願いします。

ピックアップ