令和6年度 NITS Learning Hub「シリーズ:教職員としての在り方を考える」

目的

独立行政法人教職員支援機構(以下NITS)は、「教職員は、どのように力量を深めていくか」、「『教職員の新たな学び』をどのようにデザインすればいいか」といった問いのもと、「研修観の転換」に向けた様々な挑戦を行っています。
このような中、令和6年度、NITSは、上記の問いを念頭に、多様な人が自分たちの学びや研修の在り方について、少し立ち止まって考え、多くの仲間と語り、つながることができる場になるよう、東京事務所の一部を改修し、新たに「Learning Hub」としても運用を開始します。

「シリーズ:教職員としての在り方を考える」は、自身のこれまでの実践や学びについて考えたり、振り返ったり、対話したりすることを通じて、自身の想いや価値観を発見したり、問い直したりしながら、教職員としての自分の在り方を探究するきっかけが醸成されるよう、行うものです。

主催

独立行政法人教職員支援機構

期日

  1. 第1回:令和6年6月7日(金曜日)14:00~17:00
  2. 第2回:令和6年7月5日(金曜日)14:00~17:00

会場

独立行政法人教職員支援機構 東京事務所(〒101-0003 千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター11階)

参加者

教職員及び教育行政関係者のうち参加を希望する者

定員

各回20名

申し込み手続き

  • 申込にはGoogleアカウントが必要です。アカウントは御自身で御準備ください。
  • 参加に関するお知らせは、申込時にいただいたメールアドレス宛に後日お送りいたします。添付ファイルの受信ができるアドレスを記入いただき、教職員支援機構からのメール(@nits.go.jpおよび@ml.nits.go.jp)が受信できるよう設定してください。

第1回(令和6年6月7日(金曜日))

第2回(令和6年7月5日(金曜日))

※各回の定員を超過した場合には、参加者数を調整することがあります。
※また、応募者数によって実施を見送る場合があります。予め御了承ください。

ダウンロードデータ

令和6年度実施要項等

更新履歴

令和6年5月23日
令和6年度実施要項掲載