教育相談基幹研修

目的

いじめ、不登校、暴力行為など生徒指導上の諸問題は、依然として憂慮すべき状況にある。さらに、虐待や貧困など新しい形の問題が顕在化し、生徒指導上の問題は一層多様化、深刻化している。これらの問題に適切に対応するためには、教職員個人が問題を抱え込むことなく、「チーム学校」の観点から学校全体で組織的に取り組むことや、外部機関や家庭、地域との連携・協働を促進して、効果的に教育相談を推進することが求められている。

本研修では、各学校や当該地域において指導的な役割を果たすべく、日々の教育活動、学校の資源と外部関係機関等をマネジメントした組織的な教育相談体制を構築し、効果的に教育相談を実践するための手法等の習得を図る。さらに、研修後の実践も通して、1) 教育相談に関する諸課題の改善に専門的知見を活用し、組織的な取組を推進する力、2) 各学校や当該地域において教職員の専門性向上を推進する力、を育成する。

期間

令和3年6月2日(水曜日)~令和3年6月4日(金曜日)

実施方法

Web会議サービスを用いた同時双方向通信によるオンライン研修

標準定員

100名(5ユニット)

受講者

ダウンロードデータ

受講案内(受講者へのお知らせ)

更新履歴

令和3年5月10日
受講案内掲載
令和3年3月12日
令和3年度実施要項掲載
令和2年10月19日
受講案内掲載
令和2年9月7日
ページ作成

ピックアップ