中堅教員研修 13日目

本日は、文部科学省から助言講師を招き、一日を通して「スクール・コンプライアンス」の演習・協議を行いました。 受講者のみなさんに本日の感想を伺いました。 「スクール・コンプライアンスの演習では、学校運営演習の時間に検討した各演習問題について発表し、文部科学省の講師の先生から補足や解説をいただきました。学校の法的性格、教育委員会の関係や職務上の権限などについて、法的な根拠や具体的な事例を挙げての説明は非常に分かりやすく、理解を深めることが出来ました。根拠となる法規を理解して教育活動を行う必要性を強く感じたので、これから、法規の知識を深めつつ、普段の仕事でも法規を意識するようにしていきたいです。」 「これまで、あまり法律や条令について考える機会がありませんでしたが、今日の研修では、私たちが普段行っている学校の教育活動が様々な法律や条例によって規定されていることが分かりました。それぞれの法律や条例などについて背景にある考えや改正の経緯を丁寧に説明していただき、学校現場で起きていることには全て法の裏付けがあり、教員の仕事が法によって守られていることを実感しました。自校の先生方にも伝えていきたいと思います。」 「今日の研修では、演習や協議を通して教育法規について学びました。教育法規については難しいイメージを持っていたのですが、普段の業務が法令を根拠にしていることが分かり、身近なこととして捉えることが出来ました。また、他の都道府県の先生方と情報交換する時間があり、PTA等の会費などについてそれぞれの地域の事例についても聞くことができました。日々行っている業務でも、根拠となる法令を一つ一つ理解した上で行うことができるように、法令を学んでいきたいです。」 明日は、引き続き「スクール・コンプライアンス」の演習・協議を行います。

ピックアップ