トップイメージ

次世代教育推進センターでは、次期学習指導要領のポイントである「主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)」について、プロジェクト研究を行い、授業実践事例や研修プランなどを紹介しています。
また、当センターは、平成29年4月1日より、独立行政法人 教職員支援機構のセンターとして再スタートしました。

○研修プログラムモデル  ○プロジェクト概要(ポンチ絵、PDF)

新着情報

平成30年3月29日
「新たな学びに関する教員の資質能力向上のためのプロジェクト(平成27~29年度)」
における11都県教育委員会の成果報告書をプロジェクト概要のページに掲載しました。
平成30年2月23日
事務所移転に伴い、平成30年3月24日(土)より、住所および電話番号が変更と
なります。新事務所の住所は「〒101-0047 東京都千代田区内神田1-2-10
 羽衣ビル5階
」、電話番号は「03-6811-0750(代)」となります。
平成30年2月23日
2月23日(金)に、当機構主催で「次世代型教育推進総括セミナー(東部地区)
~アクティブ・ラーニングについて考える~」を開催しました。一橋大学一橋講堂
を会場として、学校関係者を中心に384人の方にご参加いただきました。午前は、
次世代型教育推進センター研修協力員より秋田県、千葉県、東京都、長野県、岐阜県の
実践フィールド校の取組を発表し、午後にはプロジェクト3年間のまとめの発表
研修プログラムモデルの活用を含む)を行いました。最後に、國學院大學人間開発学部
田村 学教授より「主体的・対話的で深い学びの実現のために」をテーマにご講義
いただきました。
平成30年2月14日
2月14日(水)に、当機構主催で「次世代型教育推進総括セミナー(西部地区)
~アクティブ・ラーニングについて考える~」を開催しました。エルガーラホール
を会場として、学校関係者を中心に298人の方にご参加いただきました。午前は、
次世代型教育推進センター研修協力員より滋賀県、岡山県、広島県、徳島県、
福岡県、鹿児島県の実践フィールド校の取組を発表し、午後にはプロジェクト3年間の
まとめの発表(研修プログラムモデルの活用を含む)を行いました。最後に、
京都大学大学院教育学研究科 石井英真准教授より「主体的・対話的で深い学びの
実現のために」をテーマにご講義いただきました。
平成30年2月7日
当センターでは、主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善につなげるための
「研修プラン」を提案しています。このたび、各研修プランの解説動画を作成しました
ので、「研修プラン」のページから是非御覧ください。
平成29年12月7日
12月7日(木)に、当機構及び宮城県教育委員会主催で「平成29年度次世代型教育
推進セミナー(宮城会場)~アクティブ・ラーニングについて考える~」を開催
しました。TKPガーデンシティ仙台を会場として、宮城県内の学校関係者を中心に
202人の方にご参加いただきました。東京大学大学院教育学研究科 市川伸一教授より
「習得における『主体的・対話的で深い学び』とは~教授と活動のバランスに配慮した
授業づくり~」をテーマにご講義いただき、次世代型教育推進センター研修協力員より
発表・演習を行いました。
平成29年11月20日
11月17日(金)、18日(土)に、秋田県教育委員会及び当機構主催で「平成29年度
学力向上フォーラム・平成29年度次世代型教育推進セミナー(秋田会場)~アクティブ・
ラーニングについて考える~」を開催し、901人の方にご参加いただきました。17日は、
秋田市立明徳小学校、秋田市立桜小学校、秋田市立泉中学校、秋田市立桜中学校において
公開授業が行われました。18日は、秋田県民会館を会場として次世代型教育推進センター
研修協力員の発表及び「秋田の探究型授業のこれから~『主体的・対話的で深い学び』の
実現に向けて~」をテーマにパネルディスカッションを行いました。
TOPへ戻る
独立行政法人教職員支援機構