研修企画担当職員研究セミナー

目的

全国的に流行した新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、令和2年度の教職員研修は大きな影響を受けた。加えて、学校の休校措置に端を発する家庭学習の支援、学校再開後の教室での3密回避の取組、各種行事の実施形態の判断等、現場をサポートする役割も担ったであろう。研修以外の想定外の業務も発生し、めまぐるしい1年間であったことが想像できる。

そのような状況下において、都道府県・指定都市・中核市の教育センター等においては、それぞれ独自あるいは共通の感染予防対策を講じつつ、研修の開催に向けた工夫を行った。本セミナーでは、令和2年度に実施された研修の内容・方法・形態・対象等について事例発表並びに協議を行うとともに、各教育センターの取組状況について情報共有を行うグループワークを実施する。さらに、令和3年度以降のウィズコロナ、アフターコロナの適正な研修様式を探るための議論をすることを目的とする。

主催

受講者

標準定員

100名程度

期日

開催期間

Web会議ツール(Zoom)により実施(一部、同時双方向通信を行う)

ダウンロードデータ

受講案内(受講者へのお知らせ)

更新履歴

令和3年2月15日
受講案内を掲載
令和2年12月18日
令和2年度実施要項を掲載
令和2年1月15日
受講案内を掲載
令和元年11月13日
令和元年度実施要項を掲載
平成30年9月21日
受講者宛て送付書類を掲載
平成30年7月5日
ページ公開

ピックアップ