全国研修担当者セミナー・教職大学院セミナー

目的

我が国でも、予測困難な社会の教育の在り方が問われるようになってきた。近年、場所を問わず絶え間なく発生する自然災害もそうであるが、今般の新型コロナウイルス感染症の世界的蔓延は教育関係者へも大きなインパクトを与えた。それが引き金となり、かねてより懸案の学校教育のICT化や少人数学級の実現に向けた一歩を踏み出すこととなった。そのような外的要因が教育の在り方にも変容を迫り、学校教育の在り方はもとより、教員研修並びに再教育についても再考が求められている。2日間のセミナーで、初日は「令和の日本型学校教育」が意図するところと国際的な教育改革の動向とを対比しつつ、対話によって教育の本質を探り、二日目は分科会形式で、研修担当者並びに教職大学院それぞれ固有の課題について研究協議を行う。

主催

独立行政法人教職員支援機構

受講者

都道府県・指定都市・中核市の教員研修派遣担当者、教育委員会及び教育(研修)センター等の教員研修担当指導主事等(標準定員100名程度)及び教職大学院関係者

期日

令和3年5月11日(火曜日)~令和3年5月12日(水曜日)

実施方法

Web会議ツール(Zoomミーティング)により実施(同時双方向通信を行う)

ダウンロードデータ

受講案内(受講者へのお知らせ)

全国研修担当者セミナー

教職大学院セミナー

更新履歴

令和3年4月30日
受講案内掲載
令和3年3月26日
令和3年度実施要項・日程表を掲載
令和2年2月5日
令和2年度実施要項を掲載
平成31年3月29日
平成31年度受講者宛て送付書類一式を掲載
平成31年2月4日
平成31年度実施要項を掲載
平成30年2月23日
平成30年度実施要項を掲載
平成29年4月11日
ページ公開

ピックアップ