全国研修担当者セミナー・教職大学院セミナー

目的

都道府県・政令指定都市教育委員会においては、平成29年度内に、教員の資質向上を図るための必要な指標(以下、「育成指標」)を定め、指標を踏まえた教員研修計画(以下、「研修計画」)を定めた。教職員支援機構においては、平成29年度より育成協議会の設置と育成指標・研修計画の作成に関する調査研究プロジェクト(プロジェクトA)を実施し、全国の育成指標策定の支援を行なうとともに、平成30年度は、全国の育成指標のメタ分析を行い、その分析結果を基に、教職員等中央研修の見直しも進めている。

本両セミナーは、育成指標をメタ分析した結果を報告するとともに、それに基づく教職員等中央研修の体系化の現状について報告する。また、各地で進められている教育委員会と教職大学院が連携した教員研修高度化の取り組み事例の共有を通して、今後の連携を進めるための方策について協議の場を提供する。

主催

独立行政法人教職員支援機構

共催

文部科学省

受講者

都道府県、指定都市、中核市の教員研修派遣担当者、教育委員会及び教育(研修)センター等の教員研修担当指導主事等及び教職大学院関係者

開催期間

平成31年4月25日(木曜日)~平成31年4月26日(金曜日)

開催会場

独立行政法人教職員支援機構 つくば中央研修センター
〒305-0802 茨城県つくば市立原3番地

受講者の声

指標の策定に関しての概要を系統的に説明いただき、今後、研修講座の全体的な見直しを推進する上で有効でした。同時に、スケジュールが見えない中、早いスピードで精査が求められる課題も明確になってきました。子供たちに学びを支援するように、教員を支援していくという姿勢に心強さを感じました。

長野県 / 専門主事 / T.S

採用・養成・研修の一体的改革や学び続ける教職員についてなど、教員の資質向上に関する指標にまつわる概要が理解できました。研修計画の策定に伴う大きな責任を感じています。
また、養成の在り方や研修プログラムに関する協議を教育委員会や大学等が協働で取り組むことにより、学び続ける教職員像等が具体的になってくるように思います。

広島県 / 指導主事 / K.K

協議会のメンバーを決めて研修計画策定に向けて始動しようとする段階で、事前に協議会の理念を学び、イメージをつかむことができたことは有意義でした。指標策定等に携わる大学の先生方の視点から意見をいただき、参考になりました。また、研修プログラムに関する協議内容についても大きなヒントをいただきました。

山口県 / 研究指導主事 / M.K

ダウンロードデータ

受講案内(受講者へのお知らせ)

更新履歴

平成31年3月29日
平成31年度受講者宛て送付書類一式を掲載
平成31年2月4日
平成31年度実施要項を掲載
平成30年2月23日
平成30年度実施要項を掲載
平成29年4月11日
ページ公開

ピックアップ