外国人児童生徒等に対する日本語指導指導者養成研修

目的

日本語指導が必要な児童生徒等の増加等を踏まえ、学校教育法施行規則が改正され、日本語の能力に応じた特別の指導を行うための特別の教育課程を編成し、実施することが可能となった。新学習指導要領において「海外から帰国した児童生徒や外国人の児童生徒の指導」の重要性が示されている。さらに、「出入国管理及び難民認定法」が平成30年に改正され、日本語指導が必要な児童生徒等が今後さらに増加することが予想される。このような実態を踏まえ、児童生徒等の実態に応じた適応指導・日本語指導を関係機関と連携し、受入れ体制を整備するなど、組織的・計画的に学校全体で行うことを指導できる教職員の専門性を高めることが必要である。

本研修では、新学習指導要領に基づいて、地方公共団体や学校全体での外国人児童生徒等の受入れ体制の整備、関係機関との連携、特別の教育課程の編成や通級による指導を含めた日本語指導の方法等について、必要な知識等を習得する。さらに本研修後の成果活用を通して、1)外国人児童生徒等に対する教育の推進に専門的知見を活用し、組織的な取組を推進する力、2)学校や地域において研修を企画・実施し、学校、地域の教職員の専門性向上を推進する力、を習得した指導者の養成を図る。

内容

地域や学校における研修を企画・実施する指導者として必要な知識や方法について学ぶ講義、演習、協議を行う。
1日目は、外国人児童生徒教育に関わる基本的な講義や協議を通し各自の地域や学校における外国人児童生徒等教育推進上の現状と推進上の課題について分析・把握し、各組織で必要な研修について考える。
2日目は、日本語指導の理論と方法に関する講義と外国人児童生徒教育に関する先進事例から具体的な取組について学ぶ。
3日目は、5コースの中から受講者のニーズや地域の実態に応じたテーマを選択し、演習を行う。
4日目には、本研修成果を活用した研修プランを作成し、研修のまとめを行う。

受講者

定員

100名(5ユニット)

開催期間

場所 日程
三重県総合教育センター 平成31年6月18日(火曜日)~平成31年6月21日(金曜日)

開催場所

会場 住所
三重県総合教育センター 〒514-0007 三重県津市大谷町12番地

受講者の声

日本語学級の導入、運営方法がとてもよく理解できました。
また、日本全国の様子を知ることができ、自分の学校での課題解決の糸口となりました。特に、大阪市立南小学校の山崎一人校長先生の事例発表では、学校現場の子供たちの変容が手に取るようにわかり、学校長が具体的にどのように行動すればよいか理解できました。

東京都 / 中学校長 /石原 嘉人

全国各地から日本語指導に携わる教員が集まっていたので、悩みをシェアするとともに、他県市の状況がよくわかりました。
実践先進校視察では、松坂市にある初期適応支援教室「いっぽ」に行きました。100円バスの仕組みを取り入れることで、遠方の子供でも利用できる環境があり、また地域ボランティアの人員が多く、マンツーマンの日本語指導が可能になっており、行政と地域の支援が充実していたことが印象的です。
「いっぽ」の例を参考に、行政や地域、大学等ともっと連携を図り、日本語指導に取り組んでいきたいです。

福岡市 / 小学校 /村山 あすか

日本語指導のセンター校の参加者が全国から集まっていたので、各自治体の違いを知ることができました。 実践先進校視察の初期適応支援教室「いっぽ」では、ボランティアスタッフ数が多く、一対一の日本語指導ができていて、さらに外国人児童が日本語支援学級から在籍校に戻った後も支援する仕組みがあり、とても参考になりました。
波多野ファミリスクールの大蔵先生のご講義では、日本語が理解できない初期指導段階の子供に対して、具体的な物を使用して、言葉の概念を伝える手法を教えていただきました。

大阪市 /小学校 /谷 仁見

ダウンロードデータ

実施要項等

受講案内(受講者へのお知らせ)

追加連絡

 

 

更新履歴

令和元年5月21日
追加連絡を掲載
令和元年5月14日
令和元年度受講案内を掲載
平成31年3月13日
平成31年度実施要項等を掲載
平成30年5月25日
追加課題を掲載
平成30年5月1日
決定通知を掲載
平成30年2月16日
平成30年度実施要項を掲載

ピックアップ