教育長等教育行政幹部職員セミナー

趣旨

教育行政をとりまく課題は、「多様化」の一途をたどっている。子どもの貧困対策、外国人児童生徒の増加をはじめとして、新たな教育課題への組織的対応は喫緊の課題である。その一方で、学校の教職員は「多忙化」によって十分な対応が難しい実情もある。このような中にあって、教育長は地方教育行政の責任者として、高い資質・能力と強い使命感を持ち、常に研鑽に励むことが求められている。

こうしたことから、本セミナーは、「多様化する教育課題に、教育行政はどう立ち向かうか」の統一テーマの下、学校が新たな教育課題に対応するために不可欠となる、教育行政と首長部局の連携、教職員の業務改善、教職員と専門スタッフとの連携、学校・家庭・地域との連携等に関する講義や協議をとおした研鑽や情報交換の場を提供する。

主催

共催

文部科学省

後援

国立大学法人兵庫教育大学(神戸会場)

期日・会場

期日 会場 募集人員
平成29年10月28日(土曜日) 神戸会場
兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス
〒650-0044 兵庫県神戸市中央区東川崎町1-5-7
60名程度
平成29年11月13日(月曜日) 東京会場
TKP御茶ノ水カンファレンスセンター
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-3
70名程度
平成29年12月1日(金曜日) 札幌会場
ホテルライフォート札幌
〒064-0810 北海道札幌市中央区南10条西1丁目
60名程度

受講対象者

都道府県・市区町村教育委員会の教育長等教育行政幹部職員

募集人数

申込手続

各都道府県・指定都市教育委員会において、受講希望者を取りまとめ、教職員支援機構ホームページ内 「研修情報登録システム 」により、 平成29年9月15日(金曜日)までに申し込むこと。また、担当者情報についても必ず入力すること。

参加者の決定

各都道府県・指定都市教育委員会からの申込に基づき、教職員支援機構が決定し、通知する。なお、各会場とも、申込人数が募集人員を上回る場合は、教職員支援機構において調整することがある。

ダウンロードデータ

更新履歴

平成29年8月17日
平成29年度教育長等教育行政幹部職員セミナー 実施要項を掲載
平成29年4月11日
ページ公開

ピックアップ