副校長・教頭研修 7日目

7日目である本日は、宮城教育大学の本図愛実教授による講義・演習「学校ビジョンと戦略」を行いました。 受講者の皆さんに本日の感想を伺いました。 -SWOT分析により共通項を見出し、効果的な解決策を生む 「SWOT分析を行い、自校の強み(Strength)、弱み(Weakness)、機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つの視点について、客観的に把握することができました。 自校に戻ったら、職員研修で早速このSWOT分析を行ってみたいと思います。 『働き方改革』など、1つのテーマに絞ってこの分析を行い、職員同士で意見を出し合うことで、共通項を見出すことができ、効果的な解決策を生むことに繋がると思います。」 -職員全員で戦略マップを作成し、自校の課題解決等を主体的に考える 「本日グループで作成した『戦略マップ』は、視覚的に『目指す学校像』を共有し、それを実現するための課題を明らかにできるので、とても効果的なツールだと思いました。 縦軸と横軸を設定し、そのベクトルの向かう先に『目指す学校像』を位置付けるのですが、縦軸と横軸の視点も自分たちで考えるため、各学校の課題に応じて、柔軟に作成することができると思いました。 勤務校に戻ったら、校内研修の場を用いて、ぜひ自校の職員同士で作成したいと思います。管理職だけでなく、職員全員が作成に関わることで、職員一人ひとりが自校の抱える課題を意識し、その解決策を主体的に考えることができると思います。」 -「総合学科」の抱える課題について、意見を出し合うことができた 「私たちのグループでは、現在勤務している者も含め、総合学科を設置している高等学校への勤務経験がある者が多かったため、『総合学科』の抱える課題について、お互いに意見を出し合うことができ、貴重な経験となりました。 『総合学科』ならではのスペシャリストを育成しつつ、かつ専門学科との差別化を図れるような、そんな『目指す学校像』を描けるよう、これからも方策を考えていきたいと思います。」 3日(水)は、「リスクマネジメント」「スクール・コンプライアンス」の講義・演習・協議を行います。

ピックアップ