副校長・教頭研修 7日目

本日は、九州大学大学院の元兼正浩教授による講義・演習「学校ビジョンと戦略」を行いました。 受講者の皆さんに感想を伺いました。 -ケーススタディで、周りの意見を取り入れる 「ケーススタディでは、当事者になって意思決定をするという取り組みが勉強になりました。自分の現状に似たケースもあり、自分事として考えることができる演習でした。自分だったら若手教員へどう声掛けするか、説得するならどうするか、グループで考えることで、新しい考え方や、言葉かけの仕事を学ぶことができました。地元で副校長研修を行う機会があるので、副校長が悩みがちなケースを取り上げて、演習を行ってみたいと思います。」 -校長のリーダーシップをサポートしていきたい 「人事の希望を聞く面談や新しい施策の推進において、いかに組織のモチベーションをあげるか・意見を取り入れるか、というのはとても重要ですが、難しいものでもあります。ケーススタディを行ってみて、モチベーションを上げるためには、校長の意見を自信をもって伝えること、目標への方向性を具体的に打ち出すことが大事だと学びました。校長のリーダーシップが揺らいでいるように教職員に受け取られると、組織全体の動きに迷いが出てしまいます。校長の方向性をしっかり示すことができるよう、副校長としてサポートをしていきたいと思いました。」 明日は、「リスクマネジメント」と「スクール・コンプライアンス」を行います。

ピックアップ