中堅教員研修 9日目

本日は、文部科学省の助言講師による「スクール・コンプライアンス」の演習を行いました。 受講者に感想を伺いました。 -法的根拠をもとに学校業務の適正化・役割分担の考え方を学ぶ 「学校における働き方改革に関する学校の事例を聞く事ができました。その中で、自治体が学校徴収金の徴収を学校の代わりに行っているという事例がありました。 最近は、学校徴収金の徴収をはじめ登下校の時間の対応、地域ボランティアとの連絡調整など、学校外の方に入ってもらうことが増えています。演習・協議において、法的根拠をもとに学校業務の適正化・役割分担の考え方を学び、業務移行が、保護者や教職員の負担軽減となり、働き方改革につながることを改めて感じました。本日学んだ事を、自校の教員と共有すると共に、働き改革の推進に活かしたいと思います。」 明日は、特別講義「リーダーシップ」と「研修成果の活用」を行います。

ピックアップ