ホーム  >  研修プログラムモデル  >  研修プラン(提案)

推進地域研修プラン(提案)

主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善につなげるための「研修プラン」を提案します。

  主体的・対話的で深い学びの視点からの授業改善に向けた取組を活性化するためには、教員自身が何のために研修を行うかを自覚しながら、組織的な研修を行うことが重要です。研修プランについては、研修の型として捉えるのではなく、各学校の実態にあわせて工夫の上、ご活用いただければ幸いです。


研修プランの活用にあたって(動画解説)

※動画解説
をYouTubeで視聴いただけます。
※下表中「○」をクリックし、ファイルをダウンロードしてご活用ください。
研修プラン A・・・授業を伴う授業研究会B・・・授業を伴わない研修会 対象 時間(分) 動画
解説
プランシート スライド ワークシート
word 一太郎 PDF PPT PDF word 一太郎 PDF
A1 授業の事実を共有し教科等横断的な視点から提言する 校内 90
A2 グループ協議でホワイトボードを活用して疑問を解決する 校内
(主に高等学校)
45
A3 子供の姿を授業記録等から捉え直し、資質・能力のイメージを共有する 校内 80
A4 主体的・対話的で深い学びの3つの視点を養う 校内 45
A5 活用・発揮している力を捉え学びの過程を分析する 複数校合同
(同一校種/
異校種)
80
A6 授業事例を通して資質・能力育成の手掛かりをつかむ 校内 70
A7 2つの授業の事実を比較し教科等横断的な視点を共有する 校内 70
A8 異校種の教員が同じ授業を通して自校の取組を考える 校内 60
B1 同僚の日常的実践から授業改善の手掛かりを得る 校内
(グループ)
30
B2 具体的な方策を考え組織的・協働的な取組につなげる 校内 65
B3 同一地区の校種間でつながりを見通し取組を具体化する 異校種 150
B4 今後の取組を可視化し日常的で協働的な改善につなげる 校内 30
B5 学習指導案を全員で検討し参観の視点を明らかにする 校内 35
B6 資質・能力に視点を当て単元計画を検討する 校内 50
B7 振り返りの記述を分析し教科等横断的な視点を見いだす 校内 60
B8 児童生徒のノートや作品から個に応じた指導を考える 校内 45
B9 同僚の実践から黒板等の活用について考える 校内 50
B10 授業実践から学校全体で取り組む課題を明らかにする 校内
(グループ)
30
B11 学習指導要領総則から学校のグランドデザインを考える 校内 90
○Excel
B12 実践を紹介し合い、全校で育成を目指す資質・能力を考える 校内 65
B13 子供の問い・気付き・考えをイメージして単元等を見直す 校内 60
B14 同僚の実践から学習課題について考える 校内 50
B15 単元を構想する演習を通して単元計画の手掛かりをつかむ 校内
(主に高等学校)
60
B16 教員としてのファシリテーション能力の向上を目指す 校内 50
B17 NITS研修教材を活用し授業改善の手掛かりをつかむ 校内 60
B18 各教科等の授業づくりの方略を概念化シートで整理する 校内 45
○PowerPoint
B19 同僚の実践からICTの活用を考える 校内 50
B20 授業改善の課題の解決に向けてアイデアを出し合う 校内
(グループ)
40
B21 講義等を振り返ることを通してその内容を深く理解する 教育センター等 50
○Excel
B22 授業改善アイデアシートをもとにこれから取り組んでいきたいことを考える 校内 50
○PowerPoint
※上記データは、ウイルス対策ソフトにてウイルス検索を実施し、ウイルスに感染していないことを確認済みです。
独立行政法人教職員支援機構
TOPへ戻る